爺のアルバム

  • 有明コロシアム
    花の大江戸ダウンタウンウォーキング 
無料ブログはココログ

丸島秀明

旅行・地域

2015年7月 5日 (日)

奥州世界遺産を訪ねて

娘達から「お母さんと三人で平泉へ行こうよ」と相談しているのを聞きつけ、「俺も行きたい」と有無も言わさず割り込んだ。
最初は、新幹線で行きレンタカーで現地を巡ることを考え、ネットで調べてみたが、四人では車で行った方が、コストが低く抑えられるようなので、RVRの出番となった。また、宿泊地は、近くの温泉地である矢びつ温泉「瑞泉閣」を早割で格安で予約が取れた。

いざ出発の日になって、JR常磐線羽鳥駅から来る長女は、予定した土浦駅に一電車早く到着、雨の中待っていてくれた。北柏駅から我孫子駅を経て土浦駅に来る次女からは、人身事故で遅れるとの連絡が入り、約一時間ほどの遅延で合流、雨の中スタートとなる。遅れたことに随分と気をもんだことだろう。
この三月常磐高速道が全線開通となり、一路北へ友部・いわき・仙台利府・富谷と四つのJCT経由で東北道は、北上金ヶ崎ICで降りる。

Dscn3287北上川に沿った展勝地(桜並木で有名)の一角に、サトウ・ハチロー記念館に立ち寄る。多くの童謡・歌謡曲・抒情歌・校歌・CM等の作詞を手がけ、大正・昭和の大衆に支持・愛され続けた作品全てが残されている。













Dscn3296
駐車場内にあるレストランで昼食後、北上夜曲の碑のまわりを散策、窮屈だった車の中での疲れを取るのには充分な時間だった。







Dscn3332
再び、北上金ヶ崎IC~平泉前沢ICから、毛越寺(もうつうじ←もうおつじ←もうえつじ)へ。平安時代の伽藍様式の貴重な遺構として保存。大泉が池を中心の浄土庭園は、日本最古の庭造りの思想・技法を伝えているとされている。松尾芭蕉が奥の細道で、「夏草や兵どもが夢の跡」と詠んでいる。
Dscn3334ゆっくり庭園を一回り、宝物館で平安期の仏像・工芸品・発掘遺品・調査資料など多くの陳列品を見た。

夕刻予定した、やびつ温泉「瑞泉閣」にチェックイン。娘達は、買い忘れていたと、地酒探しに、明日行く予定の厳美渓付近まで、車で買い出しに。
夕食には、前沢牛の陶板焼きが、風呂はやや鉄分が含まれたさらっとした古さを感じさせる温泉で、旅の疲れが癒やされた。夕食後に地酒四合瓶は、娘達が入浴中に全て空になっていた。



二日目 朝食はバイキング形式 宿泊客は随分といたようだ。Dscn3338食事前~食事後 食事が終わって、後片付けして下さいの意思表示のプレート(アイデアが面白かった)。








Dscn3339部屋で、四人揃って記念写真
Dscn3344

                 瑞泉閣全景Dscn3347
いよいよ、中尊寺へ、途中 カッコウ団子(空飛ぶ団子)が見たいと言うことで厳美渓に立ち寄る。
Dscn3358Dscn3367

達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)Dscn3378
中に入っての見学はせず、車の窓越しに建物だけの撮影で済ませる。


Dscn3396平泉文化 平安時代の後期(11~12世紀)奥州平泉に陸奥の豪族、藤原清衡を父、基衡を子、秀衡を孫とするが約一世紀に亘り築いた藤原三代の文化Dscn3388遺産を目の当たりに出来た。
  

  弁慶になりきり、変顔で。何故かノルディックのポールが・・・。




Dscn3401

Dscn3433


揃っての写真は、まずグループ写真を撮る方に、「お撮りしましょうか?」と問い掛けると、必ず「撮りますか?」と来るので、撮っていただいた。

         











Dscn3444
小クワガタを見つけた、妹ママの意地で持ち帰り、加那へのお土産が出来たと大喜び。姉ママがクワガタ用のかご・土・えさが子どもたちの物があるはず。帰りに寄るので用意しておけと、直哉に連絡。











Dscn3446
お土産屋の二階で、遅い昼食。山菜蕎麦・とろろ蕎麦・盛岡レーメンを注文。皆で食べ比べる。















Rscn3457常磐自動車道 浪江IC-常磐富岡IC間 双葉町・大熊町付近は、相変わらず帰還困難区域が解除されていない。自動二輪・原付自転車・軽車両・歩行者は通行証の所持・確認が必要。原則通行が出来ない。


岩間ICで一旦高速を降り、JR羽鳥駅近くの長女宅(新築)に立ち寄り、例の小クワの篭・えさ・土を積み込みついでに、部屋案内を直哉にしてもらった。

JR羽鳥駅で、次女を降ろし石岡小美玉スマートICから再び常磐道へ、土浦北ICから午後7時過ぎに無事帰宅。次女は、雨降る中午後8時30分ごろ自宅前から今着いたとの連絡が入った。
姉妹にとって、良い旅だったろうか。家庭での悩み事・不平不満など色々出ていたようだが、明日への活力になればと思う次第。

2009年2月 1日 (日)

裏磐梯川上温泉「菖蒲苑」

 2年ぶりに復活した、裏磐梯クロスカントリースキー「2時間トライアル大会」(http://xc-trial.hp.infoseek.co.jp/)に参加した。
以前行われていた、会場となる国民休暇村周辺の曽原地区の民宿に泊まって参加していたが、会場が今回は、グランデコスキー場地内のゴルフ場が特設一周2km会場になった。Yoyaku01
 そこで、猪苗代から裏磐梯へ行く途中、大会前日宿泊した川上温泉「菖蒲苑」を紹介したい。ホームページがあり、http://www11.plala.or.jp/syoubuen/にアクセスして戴きたい。P201000130
湯槽、洗い場、窓の外の雪景色を掲載しておきたい。
もちろんブログに掲載することについては、主人の了解済みであることを申し述べて置く。P201000230
場所は、川上温泉の案内板が出てきて間もなく、左カーブを回りきったところの左側に位置している。
経営は、老夫婦と若夫婦がやっておられる様子。二人のお孫さんの足音・声がたまに聞こえて賑やかな時があったり、バスなど大型車が通る度に響くときがあるが、全然気にもならず後は閑静な佇まい。ゆっくりできた。P201000330
洗い場は、5人ぐらいは入れるが、他のお客は誰もなく一人ゆっくり手足を伸ばしすことができた。
大会帰りに、また寄ることを伝えておいたところ、快く受け入れていただき、着替えと共に疲れも吹っ飛ぶほどゆっくり温泉を堪能してきた。
P201000530 ほとんど、裏磐梯方面に出掛けた時は、通り道のため見向きもしないところ、こんな良い温泉があったとは、大発見だった。立ち寄りも出来500円で入浴できる。
大会の方は、予想以上20kmを越える成績だった。

2008年2月 6日 (水)

秩父宝登山蝋梅見物

 退職者対象の一日バス旅行で三年、三度目の抽選にやっと当選。
宝登山の蝋梅見物を家内とともに行きました。
応募者が多く、本来なら一台の所、増便が叶ってバスは二台になりました。
 022一昨日の日曜日でなかったことは、何よりもの幸運でありました。
 雪のため、東京都内はもちろん、首都高・常磐道・外環道・関越道が打撃を被り通行止めがあったり、公共交通機関にも運転中止などにより予定が狂ってしまうところでした。
 土浦駅7:15集合、7:30出発にあわせて、一日500円の駐車場に車を預け、コンビニで朝食を調達、水戸からのバスを待ちました。

 我々のバスは、2号車。常磐高速に乗り守谷SAでトイレタイム。現役時代の同僚、上司等に逢い一言二言大した話はできないまでも、数名の久方の顔ぶれに出会い懐かしさがこみ上げてきました。それよりも驚いたのは、学生時代の同僚A君に出会ったことでした。昼食時、デジカメの話ぐらいしかできなかったものの、元気そうな顔を見て自分も頑張らなくてはと思うばかりでした。 007
 途中、高坂SAでのトイレタイムの後、土浦から約3時間かかり、長瀞に着き、徒歩では約1時間はかかるという所を、ロープウエーで目的の宝登山まで5分。さらにゆっくり、景色を眺めつつ、蝋梅の花を愛でながら山頂までの花の林を散策。蝋梅の花及びその香りを求めつつ、一昨日の雪景色も併せて堪能することができました。039

 蝋梅の種類までは、知ることができませんでしたが見ただけでも、種類が違うことだけは、素人でもわかり、次回当選したときのたのしみにとって置くことにしました。

037

027

再び、下りのロープウエーに乗り、昼食となりました。バス044の号車毎に割り振られたテーブルにつき、郷土料理と思われるコンニャクの刺身、大豆から作ったと云われる豚肉風食感のもの(大豆料理としては珍しくインスタントラーメンなどに入っているものと思われる)・・・名前がわからない?、沢ガニのから揚げなど数品のメニューがあり、銀杏の炊き込みおこわは初めての味体験でした。何よりも、ほとんどの器が竹で作られていて、手の込んだ料理に舌鼓を打ちました。

 食事の後は、号車毎に混み合わないようの配慮から、049現地ボランティアガイドのもとに二カ所を前後して移動し、連れ立って見学することになりました。
 最初、国指定重要文化財である、旧新井家住居跡(養蚕農家)・・・260年前建てられたものを昭和50年現地点に移築したそうです。特に、栗の木の板葺き屋根が、現存の茅葺き屋根が多い中で只一軒になり希少価値があるので指定されたそうです。

054  次に、宝登山神社の参拝となりました。日本武尊が東北地方平定の後、帰路の途中、神武天皇・大山祇神・火産霊神の三神を祀ったのが始まり。登山の途中山火事に遭い進退窮まった時、どこからともなく現れた多くの巨犬に助けられた故事から、火災盗難除けの守護神として、ふるくは「ホド山」→「火止山」→後世「宝登山」に改められたそうです。058 宝登山神社の宮司からも、神社の由来など説明がありましたが、その中で、建物の軒下に彫り込まれた彫刻が、中国七賢人に与来するものであり、その内の一つ痩せ細った栄養失調の老人に、離乳時の乳を飲ませている彫り物にギクットさせられました。リアルなものだったので思わずシャッターを切ってしまいました。

 荒川の支流になる長瀞の水辺に下り、岩畳を散策した後、おみやげ屋でお茶、試食を楽しみ、指定された乗車場所からバスに乗り込みました。
 帰りは、一カ所トイレタイムに寄っただけで、予定より30分以上早く土浦駅に着いたものの、家内の買い物に付き合っていたため、1時間程遅く帰宅しました。好天に恵まれたおかげで楽しい一日バス旅行でした。

2007年11月21日 (水)

健康クラブ一泊研修

11月19日~20日 一泊二日 奥塩原研修旅行

 塩原は、毎年4月全国塩原湯けむりマラソン大会の会場となり、汗を流した後の癒しの湯として世話になっている。

 今回は、健康クラブ一泊研修旅行で、奥塩原の秘湯が企画された。送迎バスの運転手さんの話では、前日から積雪があり、午前中までは残るだろうとのことだった。

Blog003

一風呂浴び、汗ばむ体で、山道をノルディックウオーキングで散策、しばし進むと雪も残り、紅葉はほとんど終わっていた。カエデと名の知れぬ木に実を付けた赤い色が、茶色の風景の中に2~3カ所ポツンとあり、目立って印象的だった。

Blog002 山道からアスファルトの一般道路に出、下り路になり新湯温泉まで1kmの標識があり、10分ぐらいで着けるなとホッとしたのもつかの間、道路が凍っていて非常に危険な状態になっていた。難儀すること30~40分は掛かっただろう。

Blog005  やっとたどり着いた、やまの宿下藤屋の看板が温かく歓迎してくれた。宿のおもてなしにも温かさ・心配りが充分感じられるものがあった。手足はかじかみ、冷え切った体には充分すぎるほど、温泉の恩恵を与えてくれた。

       Blog004

朝食会場の、床の間に飾られていたひな人形。印象深かったのでシャッターを切った。

「塩原神社」「逆さ杉」、山を下り「TEPCO塩原」「旧民家」など見学、益子焼きの窯元で遅い昼食とる。東京の葛飾小学校の子ども達が絵付け体験学習で来ていて賑やかだった。

最近のトラックバック

ウェブページ

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30