爺のアルバム

  • 有明コロシアム
    花の大江戸ダウンタウンウォーキング 
無料ブログはココログ

丸島秀明

« 奥州世界遺産を訪ねて | トップページ | 三川巡りノルディックウォーキングに参加 »

2015年8月27日 (木)

第64回関東甲信越大学体育大会体操競技会場セッティングに際し

F1000017平成27年8月25日(火)~26日(水)、水戸市を中心とした茨城大学主催の、第64回関東甲信越大学体育大会が開催。体操競技が東海村笠松運動公園体育館で行われた。その会場設営(セッティング)に出かけた。








F1000015振り返ると、54年前になる、故江戸徳壽先生を監督として第10回の本大会に参加。会場は、水戸一高体育館(女子は水戸三高)で行われた。鉄棒-ゆか-あん馬-つり輪-跳馬と順調に得点を伸ばし、最後の平行棒で無難にこなせば個人総合優勝が確定していた。ところが得意としていたバックツイストでタイミングをはずし棒上につぶれ余計な動作で減点、これがたたり結果は3位。個人総合は逃したものの,団体では群馬大学に次いで2位。種目別ではあん馬・跳馬を制し、失敗した平行棒でも3位と学生最後の大会を締めくくったのを思い出す。
当時の器械は、ゆか:フロアにシ-トを敷いたもの、跳馬はあん馬のポメルを外し穴に詰め物をして使用。形態や寸度が全て現在とは異なっている。
技術の進化も、C難度~ウルトラCしかなかったのが、「D」だ「E」だと全然判らない。




F1000002ゆかのセッティング風景:
バネの付いた床板を順序よく敷き詰め、その上にウレタンのクッション材、さらに演技場と場外を分ける絨毯をかぶせ空気抜きを行う。指揮する者とその他多くのスタッフが必要となる。











ゆかの完成
 上に乗り軽くジャンプしてみると、3回宙返りなどF1000004_3
軽々と出来そうな錯覚にとらわれる。このような器具の進化により、技も次々に開発されるのでしょう。












あん馬

F1000006_2






つり輪F1000007













跳馬  形態が丸っきり変化 また踏み切り板もすごく弾む
F1000008










平行棒
F1000009 バーの支えおよび下の金具部分は、全てマットで敷き詰められた状態。










鉄棒 構造は変わっていないが、バーのしなりも違うそうだ。着地マットも厚さ・反発性も違っている。
F1000010










以下は、女子の器具:段違い平行棒

F1000012

平均台
F1000013













跳馬

F1000014


ゆか
F1000011


















たぶん、この看板の場所で選手達は記念写真を撮ることでしょう

F1000016

セッティングには、ほんの少ししかお手伝いとはならず、後輩の活躍ぶりも見られず、提供されたお弁当をいただきました。
故江戸先生の奥様および茨城県体育協会専務理事市村仁先生には、多大なる差し入れをいただきました。
有り難うございました。
 明日の大会には、母校の活躍を期待し一抹の寂しさを抱えながら帰路につきました。

« 奥州世界遺産を訪ねて | トップページ | 三川巡りノルディックウォーキングに参加 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490870/61347344

この記事へのトラックバック一覧です: 第64回関東甲信越大学体育大会体操競技会場セッティングに際し:

« 奥州世界遺産を訪ねて | トップページ | 三川巡りノルディックウォーキングに参加 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30